live_header3.jpg

タグ「禁止事項」の一覧

ライブ会場での禁止事項は多いですね。
携帯電話
携帯はマナーモードじゃなくて、
電源OFF

携帯は電源OFF

撮影禁止

録音禁止

乳幼児は禁止。

禁煙

飲食物持込禁止

ボードや旗など禁止。

モッシュダイブ禁止

野外ライブでは傘禁止とかも。


いろいろ禁止事項はありますが、
まあ人間として普通に気遣いがあって、普通のマナーを守っていれば問題は起こりません。


禁止事項もなぜ禁止なのかを考えればそんなに杓子定規に考えることもありません。
人に迷惑にならないかどうか、
二次的に商売にされる恐れがないか、
という理由などで決まっているだけです。


アーティストのライブ写真を販売する恐れがあるから。
録音した音源を販売する恐れがあるから。

火事にならないように。

後ろのひとがステージが見えなくて困るから。

携帯電話の電波でワイヤレスにノイズが入るから。

こどもがぐずるとみんなが集中できないから。
など。

まわりの人のマナーが悪いとつらいですが、

一部のひとのちょっとした違反行為は気にせず放っておきましょう。
大切な自分の時間ですから。

本当に危ない行為は本人に直接言わず、強そうな係員に伝えてください。

ルールを外れた人って他のお客さんに注意されると、逆上したり、逆ギレしたり、暴言を放ったりしますから。

以前はカメラや録音機器の会場内への持ち込みをしっかりチェックする会場も多かったですが、今はあまり厳しくなくなりました。

携帯電話の普及による変化ですね。


だって
 携帯=カメラだもん
 携帯=お財布だもん
 携帯=プライバシーだもん

取り上げるわけにはいきません。


時代の流れで、若い人はライブ中でもMC中でも写真を撮りまくります。

スタッフも注意しません。

あまりにも多いから(笑


当然、ライブ終了後パソコンで検索をすると、個人ブログに写真がたくさんアップされています。


こうやって変わっていくのも文化かなあと思います。
(撮った写真や録音したデータを売ったりすると犯罪ですが)


逆にいえば、PAやワイヤレスシステムの技術力もアップし、携帯の電波くらいではハウったり、誤動作したりはしなくなりました。

このページの上部へ

きっとお役に立ちますのでブックマーク登録してゆっくりお読みください。

最近のピクチャ

HMVジャパン