live_header3.jpg

ライブやコンサート、みんなが楽しむための知識

ライブ会場でアーティストやそのファンと同じ空気を吸って同じ時間を共有する。
なんともいえない生の醍醐味です。
light.jpg
会場全体がライブを楽しみ盛り上がるためにも、 ライブやコンサートを楽しむために知っておくこと、気をつけることや暗黙のルール、作法もいろいろとあります。

ライブ また、ライブハウスに初めて行くというひとも不安があると思います。
なんだか怖そうだなあとか、どこに立って見ればいいのかなとか、ノッて踊らなければ浮くのかな?とか。
最前列にいて、急にマイクを向けられたらどうしよう??とか。

多分、ライブに行った経験のないひとにとってライブハウスというのは 相当危険で近寄りがたいところなのではないでしょうか?
実際、汚~いライブハウスもいっぱいありますしね。

Zeppや赤坂BLITZくらい大きいとコンサートホールと変わりありませんが。
また、ライブハウス独自のルールも存在します。

また、オールスタンディングのライブや野外ライブはお客さんも興奮状態、
トリップ状態で周りへの配慮がどうしても薄れます。危険なことも起こり得ます。
怪我をしたら損ですから基本的な知識は学んでおきましょう!

はじめに

ぜひ、興味のある項目からお読みください。
あなたがライブを存分に楽しむためにこの知識が役立てば嬉しく思います。

ライブ会場で空気が読めないひと、まわりに迷惑をかけているのに気づかないひとがひとりいると、とてもテンションが下がります。

あらためて、どんな行為が迷惑か見直してみましょう。


場所取り


オールスタンディングの会場ではグループで場所取りする光景が見られます。
人間は仲間内で集団を作るとまわりの迷惑を気にしなくなる傾向にありますので、
会場全体のことも考えてほどほどにすべきですね。

後ろの人への配慮がない

ホールならまだしもアリーナや全体がフラットな会場では前の人の背が高いと全然ステージが見えない!といったことがよくあります。 これは構造上の宿命なので、幸運・不運と考えるしかないのですが、さらにボードやうちわを高く上げたり、かさばるかぶり物をかぶったり、となるとマナー違反

後ろの人へストレスを感じさせる行為は控えてくださいね。


女性のロングヘアやポニーテールも後ろの人を攻撃していることがあります!

歌いすぎ

ときどき熱狂的なファンで最初っから最後まで大声で歌を歌い続けるひとがいます。 「自分は歌詞もぜんぶ知ってる」というまわりへのアピールもあるのでしょうか・・・ 特にとなりや後で歌われたらつらいです。 アーティストの歌を聴きに来たのにその人の歌を聞かされる・・・これほどの苦痛はないですね。

しゃべりすぎ

となりのひとへ向かってずっとしゃべっているひとがいます。 アーティストについてのうんちくなどを次から次へと・・・ となりのひとより前のひとによく聞こえていることに気づきましょう!


手拍子ずれすぎ


手拍子がリズムとぜんぜん合ってないひと。
まあ、そんなに迷惑ではないのですが、耳がそっちへひっぱられます。
前のほうにずれているひとがいると実際にミュージシャン側もタイトな演奏がしにくいです。


また、バラードで手拍子をするといやがる人もいますよ。

アーティストへプレゼントを渡すひと

present.jpgアーティストに直接プレゼントを渡したい」その気持ちはわかります。 でもそれは迷惑行為。 たとえOKだとしても、タイミングを読めない人はトライするべきではありません。 よく見るのはタイミングを逃してしまい変なタイミングで無理やりステージに近づいてくるファン。

設計されたライブの流れが止まると、とても中だるみ感が出ますので、思った以上に迷惑になります。

あなたが渡しているあいだ、他の全員が待っているだけなのです。

臭うひと

smell.jpgひとが密集する場所ですから臭いに対する最低限のケアは必要です。 お風呂に入っていない。 酒臭い。 わきが臭い。 香水が強すぎ。

など臭いが気になるとまわりのひとの楽しみは半減しますので、注意しましょう。
デオドラントなど臭いのケアをしておきましょう。
香水ムンムンを2時間嗅ぐのもつらいです。

咳のエチケットのないひと

冬場になると、風邪がはやります。 この平成の世の中でさえ、口に手も当てないで平気で咳やくしゃみをする大人がいます。 インフルエンザも風邪も飛沫感染します。 咳の飛沫は2メートルも飛び散ります。 くしゃみの飛沫は5メートルも飛びます。

そして、

咳の飛沫は1回に約10万個!
くしゃみの飛沫は1回に約200万個!

助けて〜!!

タダ券のひと

ホール主催のコンサートなどで、チケットを購入した人の他に、 抽選で当たったり、市民に配られるなどでタダ券をもっている人が一部混じることがあります。

よくあるんですが、タダ券の人のマナーが悪いんです。
緊張感がないんです。
ずっとおとなりさんとおしゃべりしていたり、大声で笑ったり。
きっと他のお客さんがチケットを購入して来ているということさえ、気付かないのでしょうけれど。


タダ券をもらっても、あなたはそんなことのないように。
タダ券の人こそ、居候のように遠慮しなさい。


関係者席のひと


会場全体が立っているのに、関係者席は座ったままだったり、
拍手もぜんぜんしなかったり、寝ていたり。
関係者席もけっこう一般席から注目を浴びていますから、
(芸能人がいないかな?友達アーティストが来ていないかな?などとチラチラ見られています)
テンションを下げないようにしましょう。

ゴミ

いろいろなゴミを置いていく人がいます。 大人らしい行動を。
ゴミ
人間として、なんか淋しいぞ・・・

gooのランキングに「音楽フェスでありがちなことランキング」が25位まで載っていました。
たしかによくあるなあといった感じで、逆に事前の注意点としても参考になりますね。
音楽フェスあるある、みなさんはどうでしょうか?



【1位】
興奮してテンションが上がりすぎて初対面の人たちとハイタッチをする

【2位】
ライブ中はとりあえず「フゥー!」と叫ぶ

【3位】
会場内の飲食代がやたら高く、「ぼったくり〜!」と叫ぶ
でもいったん財布を開けてしまうともうマヒして散財する

【4位】
興味もなかったアーティストの生演奏に圧倒されて、演奏が終わった頃にはファンになってしまう

【5位】
トイレ渋滞で、一番見たかったアーティストのライブを見逃す

【6位】
興奮してテンションが上がりすぎてとりあえずお酒を飲みすぎる
そしておしっこが近くなり、トイレ渋滞で見たかったアーティストのライブを見逃す

【7位】
大勢の人の中、一人で行動すると寂しくなる

【8位】
見たいバンドの出演時間がもろにかぶって、どちらを見るか悩みまくる

【9位】
最初は念入りに日焼け止めを塗るのに、最後の方は面倒になって結局塗らなくなって日に焼ける
そして10年後にしみだらけになる

【10位】
安〜い雨合羽が1日目で破れるこちらも参考に

【11位】
雨合羽を買った途端に晴れる
山の天気はめまぐるしく変わります。

【12位】
やたらと乾杯をする

【13位】
フェス終了後は余韻に浸ってしまって、なかなかリストバンドを外せない
帰ったあとも意味なくリストバンドをしている

【14位】
音楽フェスに行く前はタイムテーブルを見て張り切っていたのに、結局開放感にひたるばかりでそんなにアーティストを見ない


【15位】
先行でフェスのチケットを取って、追加アーティストの情報を見て別日の豪華さに悔しがる

【16位】
テントの中があまりにも暑くて苦しみの朝を迎える

【17位】
「他人と行動するより一人が楽」と言うと人に驚かれる

【18位】
周りの人たちと飲んだり話したりしてばかりで、結局ライブをあまり見ない

【19位】
お金を使いすぎて最終日には借金する

【20位】
どのアーティストを見るかで大ゲンカをしているカップルを目撃する

【21位】
他のアーティストのライブをバックステージで楽しんでいるアーティストを見るのを楽しむ
もちろん客席にもテレビで見るタレントさんや芸能人の人たちがいっぱいいます。

【22位】
お目当てのフェス飯がある
「フジロック御飯はうまい!」という人は多いです。ピザ・沖縄そば・どんぶりもの・タコス・麺類などどれもなかなかのレベル。観光地のぼったくり飯とは一線を画しています。

【23位】
ギア自慢をする

【24位】
開始時間ピッタリにいったことがない

【25位】
朝、温泉に入るのが楽しみである

gooランキングより引用(http://ranking.goo.ne.jp/)

ライブやコンサートにひとりで行ってもいいのかな?」

ライブ未経験だと不安もあり友達と連れ立って行きたくなります。

その不安は「知らないところへひとりで行く」という要素がほとんどですから、
結論から言えば、一人でもぜんぜんOKです。

見方を変えると音楽そのものを楽しみに来ている音楽ツウなひとに見えます。


独りのほうが得な点


ともだちに気を使わず音楽に没頭できる。
特にあまり興味のないひとを連れていくと気を使います。

とにかくとても自由!

独りのほうが損な点

カップルで来ているひとたちがうらやましく見える・・・。

開演前と終演後がちょっと手持ち無沙汰・・・。


何人で行っても演奏が始まってしまえば関係ありません^^

このページの上部へ

きっとお役に立ちますのでブックマーク登録してゆっくりお読みください。

最近のピクチャ

HMVジャパン